« 2005年12月 | メイン | 2006年2月 »

2006-01-25

BASEBALL HEROES(1月前期第1 戦)

1月10日の給料日。県内10位以内を目標に1月前期のベースボールヒーローズに年あけ初参戦!この日の為に 雨氏とのトレードで 新庄、高橋信二の2人を獲得。代わりに放出したのはJP、ロペスだ。

ゲーセンに着いてさっそくコイン投入。画面に俺の12月後期の通算成績は『全国1344位』だと結果発表が。あまり思わしくないっすねぇ。屈辱をバネに挽回を誓った。

そういうわけで初戦の相手は神奈川の三段のソフバン。先発は杉内。

こちらのスタメンは、

8赤星 6奈良原 3小笠原 Dセギノール 9新庄 7福留 5岩村 2高橋 4荒木

で。だいぶスタメンが固定されてきた。先発は上原。

試合は、この試合からカード登録した新庄がいきなりランニング本塁打を放つ。前々から雨氏に対して呪文のごとく「奈良原くれ~、SINJOくれ~。」と迫っていて、やっと手に入れたカードなだけに感慨もひとしお。その活躍に目を潤ませる。一方、投げては上原がナイスピッチングを見せる。今までは石川がウチのエースだったが、この試合あたりから上原の安定感が増してくる。結局9回まで無失点で投げきり見事な完封!試合も1-0で勝利した。【獲得カード;フェリシアーノ(C)、橋本(T)】

お次の第2戦の相手はなんと全国20位(!)の神奈川の大勇将率いる楽天とやることになる。「全国20位」の表示を見たときはっきりいって眩暈がしました。

こちらのスタメンは岩村を小田に、荒木を川崎に代えた以外は先ほどと同じでスタートだ。先発は三浦だ。

2回裏に我らが小田智之が相手楽天先発の松坂からタイムリーを放ち、我が日ハムが1点先制。しかし相手も4回表に反撃、2点を取られる。 中盤以降は三浦-松坂の二人の大輔の息詰まる投手戦が繰り広げられ、そのままゲームは終盤へ・・・。そして1-2で迎えた8回表、我が日ハム先発・三浦に疲れが見え始める。ランナーを一人出した所で、相手が左打者が二人続くことから、投手をJ・ウィリアムスに代える。すると相手楽天、打者・小笠原の所で何を血迷ったかVSモードを選択。何故この場面で投手有利(のはず)のVSモードなんだ?と思ったがそこはさすがに全国20位の大勇将といった所なのか、見事こちらの攻めるコースをピタリと読まれ、中押しになるツーランホームランを浴びてしまう。点差は1-4に。これまでほぼ完璧なリリーフを見せていたジェフのまさかの初被弾に茫然自失の私。続くバッターにも出塁されるとまたしてもVSモードを選択してくる神奈川の大勇将。なめるんじゃねえと受けて立つがなんとまたしてもコースをピタリと当てられ、ラミレスのツーランを浴びる。この回で一挙4失点。 まさかのジェフの2被弾で1-6で完敗を喫してしまった。

H 000200040 6

F 010000000 1

やはり大勇将ともなると強いなあと感嘆していると排出されたカードはソフトバンク新垣。お、まあまあいい感じだなと思っていると・・・。

なんとカードの在庫切れ!こんなこともあるんですねえ。係員を呼んだら、何か事務所の裏から箱をもってきて、ゲーム機の裏からセットしておりました。こういうのを見ると、店員さんと仲良くなって、良いカードを優先的に回してもらったり・・・とか邪なことを考えたりしました。結局、店員さんが補充した直後に出てきたカードはある意味現在注目を集めている(?)ヤクルト石井弘寿でした。新垣と石井ということで何となく良い感じ。しかし、カード在庫切れと言う事で、ちょっと間が悪いなあと感じ、ここで少し休憩することに。

休憩中にクイズマジックアカデミーをやる。最初のプレイで決勝戦に進み、3位まで残ったら、ホビット組に進級できた。これまではフェアリーで好成績をおさめてもホビットの壁にすぐ跳ね返されていただけに、ここで「ホビット組で優勝してやる」と、妙に燃えてしまい、かなりの時間と金額をつぎ込むことに。

12位→1位→4位→決勝3位

8位→4位→8位

8位→7位→8位

11位→5位→3位→決勝4位

10位→3位→4位→決勝3位

1位→2位→5位

1位→3位

3位→3位→5位

3位→9位

6位→6位→6位

1位→4位→6位

と、1000円以上つぎ込みながらなかなか優勝できない。特に芸能、アニメ、漫画のジャンルで点が取れないのが痛い感じだ。

BASEBALL HEROESもあるし今日はここまでか・・・と思いつつあった時、奇跡は起きた!

9位→2位→4位と予選を勝ち抜くと、決勝戦では自分の得意ジャンル「学問」で他の3人を出し抜く。やっとこさホビット組優勝を果たしたのであった。

この時点でかるく夜の12時を回っていたが、5試合はBASEBALL HEROESがしたかったのでコイン投入することにする。

今宵の野球三戦目は、千葉の勇将9段の方と。チームはマリーンズだ。さっきの大勇将につづきまたかなり格上の相手・・・。めげそうになるが試合は始まる。

スタメンは

8 赤星 4荒木 5小笠原 Dセギノール 9新庄 7福留 3小田 2高橋 6奈良原 P川上

である。相手打線に早くも捕まり1回裏に1点を先制される。嫌な感じだ。相手の先発も川上だったが、こちらの3回の表の攻撃で、赤星ヒットからチャンスを作り、相手がVSモードを選択したところでこれをピタリと当ててなんとセギノールが逆転3ラン。3-1となる。直後に相手投手は工藤にスイッチした。そこから投手戦となるが、今度はこちらが 7回裏に逆転の3ランホームランを浴びる。3-4。この時点で残す攻撃はあと2イニング。この試合も負けか・・・。と諦めかけた時、8回表攻撃時に先頭の小笠原が出塁。セギ、新庄が凡退する間に何とかランナーが塁をひとつずつ進んで2死3塁。ここで祈るような気持ちで6番・福留を見守る・・・。するとその福留が見事なセンター前タイムリー!!ぎりぎりで4-4の同点に追いつく。 9回裏、守護神、福盛が連打されるが、最後は先発要員の石川まで動員してなんとか抑えきった。んで結局結果は引き分け。【井場(F)、工藤(G)】

F 003000010 4

M 100000300 4

続く今日4戦目は千葉県の6段と!チームはマリーンズ。しかしやっぱ千葉の人はロッテ使うんだなあ。

スタメンは、小田を岩村に代え、奈良原を川崎に代えてスタート。 先発はエース・石川だ。

試合は4回に2点を先制されてしまったものの、5回の表、9番川崎、1番赤星、2番荒木の俊足トリオ絡みでランナー3塁のチャンス。ここで3番小笠原にスクイズの指示を出す。これがみごとに成功し1-2。そしてその直後に4番セギノールの見事な逆転タイムリーが生まれ、スコアを3-2とする。石川は相変わらずのナイスピッチングで相手打線を抑え、結局3-2で勝利した。 【古田(S)、片岡(T)】

F 000030000 3

M 000200000 2

最後の5戦目は4戦目と同じ相手。スタメンは

赤星 荒木 小笠原 セギノール 新庄 嶋 小田 高橋 川崎  先発は川上。

もう試合経過は良く覚えていないが、スコアは、

F 100010000 2

M 010000000 1

である。2-1で辛くも逃げ切り、今宵は通算3勝1敗1分けで終えた。

【江藤(G)、 石井琢(YB)】

それにしても今夜は結構主力級の黒カードが多く出たぜ。

2006-01-22

これでも中学校国語の教員の第1種免許を取得しています。あと漢検2級の持ち主でもあります。

ATOK presents 全国一斉!日本語テスト

やっぱり桃園さんとこで紹介してあったので受けてみました。

・・・結果、56点。

『普通』という判定結果に。

◆日本語に関するスキルは低くないのに、基本的な漢字でつまずいてしまったあなた。音読みや訓読み、同音異義語など、確かに漢字には難しい点もありますが、新聞などで漢字を追って読み書き能力の向上にも挑戦してみよう。
ATOKに『明鏡国語辞典』をはじめ、『ジーニアス英和・和英辞典』も付属した[電子辞典セット]なら、ちょっと疑問に思ったことばの意味を調べることが簡単。あなたの漢字力が根元からパワーアップされます。◆

なんだそうです。

そういえば私、学校での国語の成績は良かったけど国語の授業は嫌いでしたわ。

・・・。

ええ、そうですね。私が得意なのは一夜漬けであって国語ではないことが良く分かりましたよ。                        

2006-01-21

酒豪酒バトン

桃園さんからネットでバトンが回ってきました。

さすがにいつもBBHの話ばかりだと皆さん辟易するだろうからとこいういうのもたまには。それでは。

1:酔うと基本的にどうなりますか?

レベル1;眠くなります。休日の前日とかに一人で部屋のみしてるとすぐ眠くなるので、最近は飲まないようにしてます。(HP更新とかしたいので・・・) 

レベル2;普通にテンションが高くなります。この状態くらいでカラオケとかに行くのがちょうど良い感じです。

レベル3;ここまでくるとやばいです。

過去の日記から引用してみましょう。

■平成15年4月20日■仕事終了後、懇親会がありました。カラオケです。酒が出てます。今日は先輩に送ってもらったので飲むしかありません。調子に乗ってたら、カラオケで2曲歌った後の記憶がありません。気づいたら家の玄関でゲロ吐いて寝てました。いやー恐いね。あらゆる意味で社会人としての洗礼を受けた一日でした。

■平成16年3月29日■仕事終了後、職場の方々から1年間お疲れ様と花をもらう。こういうのが苦手なんで戸惑うよ。。。その後、職場近くの居酒屋で送迎会。しんみりした雰囲気になるのは嫌だったが、そこは俺のキャラなのかそれとも職場のノリなのか、全くそういった感じにはならず、楽しいまま飲みであった。
二次会はカラオケ。最後ということでハジける俺。弾ける。そして飲みまくる。
盛り上がってくると、2003年オリコンメドレーとか1995オリコンメドレーとかを選曲。
1曲ずつ歌い、誰かが何か歌えない曲があると、「粗相!ソ・ソ・オ!!」の叫びとともにイッキ飲み。27才:男性の先輩が1990年代前半のメドレーを入れるものだからちょっと厳し目。23才で同級生の女性、22才1コ下の男性、この二人の新入社員に俺を加えた3人はまだまだいけたが、かわいそうなのが今年1月に20才になったばかりのバイト君だった。全然歌えず飲みの嵐。潰れる。次に狙われたのが俺。かなり飲んだようだ。
というか、実は最終盤の記憶が途切れており、話に聞くところによると、「これだけは歌わせてくれ」と、『はたらくくるま』と『ぞうさんのあくび』を続けて歌ったそうだ。その後、会計をし、駐車場でたたずんでいた記憶は微かにあるだけに、失われた時間の記憶が怖い。カラオケ屋の駐車場の記憶の次は、自分の家の前で鍵を開けているところに記憶が飛んでいる。後で聞くと、飲酒運転はしなかった(させなかった)ということだったが、これもやはり記憶がないだけに怖い。周りの人が良識ある人たちで良かった。ま、むしろそういう人たちだからこそ安心して飲めるのだが。                              で、俺の家で3次会だった。ようこそ部屋を片付けていた。なんかいろいろいじくられたらしいが、部屋飲みとなれば酔ったもの勝ちということだ。ようわからんが朝9時頃起きたら皆帰っていた。

2:酔っ払った時の最悪の失敗談はなんですか?

罰ゲームで一気飲みをやらされることになって、それならばと机の上に飛び乗ってイッキに飲んでやろうと(目立ちたがり屋)試みたが、その机が横転。机上にあった飲み物、食べ物を全部ぶちまけてしまった事があります。

3:その時はどの位飲みましたか?

生ビール1杯に酎ハイ3杯くらいかな?別にベロンベロンに酔ってたわけでなく、調子に乗りすぎた、っていう所ですね。


4:最悪の二日酔いはどんな感じでしたか?

翌日一日中布団の中でウンウンいってました。眠いのに眠れず、腹が減ってるのに何も食べる気になれず・・・(アフタヌーン今月号のげんしけん荻上の気持ちよく分かる!)


5:酔っ払って迷惑かけた人にこの場で謝りましょう。

飲ませたあなた方が悪いのであって、私は悪くありません!!

・・・嘘です。マジすんません。

6:今、冷蔵庫に入ってるお酒の量は?

無し。例えストックとして取っておこうとしたとしても、即刻父が飲んでしまうでしょう。

7:好きな銘柄は?

梅酒。カシスオレンジ。カルアミルク。


8:最後に飲んだお店は?

「あねさん」に母と祖母と行った時で一杯だけ。ここ最近で最後の飲み会は某熊本魚料理店で。

9:よく飲む、思い入れのあるお酒は?

問い7と同じ。


10:バトンのジョッキを渡す人5人!!

・・・いない・・・。

というよりこのブログを読んでる人が5人いるのかすら謎です。

えっと・・・。

おおやりさん

ヲカルトさん

Gさん

雨の夜さん

カタリナさん

お願いします。別に乗り気でなかったらやらんでいいですよ。

2006-01-17

BASEBALL HEROES 9 (12月後期結果)

そういうわけで12月後期は5勝4敗1引き分けの成績に終わりました。(ちなみに途中、セギノールを引いたときにズレータと入れ替えて登録。不動の4番バッターとしてDHで固定しております。あと西武豊田も、迷ったけれど芝草と入れ替えて登録。中継ぎとして使っております。)

さて、宮崎のパ・リーグの成績は・・・

1位 ソフトバンク 大勇将 10勝

2位 ソフトバンク 四段 9勝

3位 ソフトバンク 九段 9勝

4位 楽天 闘将二段 9勝

5位 ソフトバンク 勇将三段 8勝

6位 ソフトバンク 九段 8勝

7位 千葉ロッテ 闘将二段 8勝

8位 ソフトバンク 勇将二段 8勝

9位 千葉ロッテ 九段 8勝

10位 ソフトバンク 五段 8勝

11位 ソフトバンク 六段 8勝

12位 ソフトバンク 九段 8勝

13位 西武 三段 7勝

14位 西武 勇将二段 7勝

15位 ソフトバンク 勇将二段 6勝

16位 ソフトバンク 五段 6勝

17位 ソフトバンク 二段 6勝

18位 ソフトバンク 二段 6勝

19位 ロクハラ(日ハム) 二段 5勝

20位 ソフトバンク 六段 5勝   

21位 ソフトバンク 五段 5勝

22位 ソフトバンク 初段 5勝

23位 西武 三段 4勝

24位 ソフトバンク 初段 1勝

となっておりました。つうかみなさんソフトバンク使いすぎですね。俺より上位の18人中13人がソフトバンク使ってるんだもの。同一チーム同士は対戦する機会が少ないことを考えると、ソフバン以外のチームを使うことは得なのか損なのか、どっちでしょうかね・・・。

まあわたしゃあパリーグでやるかぎりは日ハムでいきますので。

で、12月後期終了時点の自分の個人成績↓

ロクハラ監督 (北海道日本ハムファイターズ) 3段 評価ポイント 1183

◎総合 14勝13敗10分

◎OP戦 8勝8敗9分け 順位 218位 参加人数 14001人

◎全国ペナントレース 857位 1417人中 

●投手

石川 10試合 防御率0.87 6勝1敗 61イニング 3完封

三浦 5試合 防御率1.32 2勝2敗 34イニング 1完投

上原 6試合 防御率1.41 2勝1敗 44イニング 1完投

川上 2試合 防御率0.00 2勝0敗 15イニング 1完封

黒木 2試合 防御率2.45 0勝1敗 11イニング

豊田 2試合 防御率6.75 0勝0敗 1イニング

井場 7試合 防御率2.61 0勝1敗1H 10イニング 

五十嵐 16試合 防御率2.34 1勝1敗3H 23イニング

ウィリアムス 13試合 防御率1.10 0勝0敗2H 16イニング

福盛 11試合 防御率0.90 0勝0敗4S 10イニング 

●捕手

野口 31試合 75打数21安打 打率.280 0本 1打点 0盗塁

北川 9試合 18打数5安打 打率.277 0本 0打点 0盗塁

●内野手

小笠原 21試合 85打数14安打 打率.164 0本 5打点 0盗塁

荒木 22試合 69打数11安打 打率.159本 1打点 1盗塁

川崎 19試合 56打数29安打 打率.517 0本 2打点 4盗塁

小田 10試合 28打数7安打 打率.250 0本 4打点 0盗塁

奈良原 9試合 28打数13安打 打率.464 0本 8打点 0盗塁

岩村 9試合 21打数3安打 打率.142 0本 1打点 0盗塁

田中 4試合 4打数1安打 打率.250 0本 2打点 0盗塁

セギノール 6試合 22打数6安打 打率.272 1本 3打点 0盗塁

●外野手 

福留 29試合 111打数24安打 打率.216 2本 7打点 0盗塁

赤星 20試合 82打数28安打 打率.341 0本 4打点 6盗塁 

嶋 16試合 51打数11安打 打率.215 2打点 0盗塁

SHINJO 30試合 102打数22安打 打率.215 3本 5打点 0盗塁

小笠原や福留、嶋、岩村といった主軸打者の打率が軒並み低いのが悩みの種。

逆に、赤星、奈良原、川崎といった1、2、9番を任せる打者の打率が異様に高い。

1月前期の戦いはこのあたりの成績を省みて、どのように采配を振るうか。なんとか上位に食い込みたいのだが、果たして。

2006-01-11

BASEBALL HEROES 8 (ペナントレース・パリーグ12月後期)

12月25日。世間がこの日をどう捉えているとか別にお構いなしにこの日ジョイプラザへ。ついに参加資格を得たBASEBALL HEROESのペナントレースに参加する。

先日のトレードで得た選手を登録し、我がチームの概要もだいぶ整ってきた。

●投手 石川 上原 三浦 川上 黒木 芝草 井場 ウィリアムス SP五十嵐 福盛

●捕手 野口 SP北川

●内野 GR小笠原 小田 ズレータ 川崎 荒木 奈良原 SP岩村 田中

●外野 赤星 嶋 SP福留 小関 SINJO(ノンカード)

である。

ということで本日の第1試合、さっそく開始。スタメンは

8赤星

4荒木

3小笠原

7福留

9SHINJO

D岩村

2野口

5川崎

6奈良原

P黒木

でスタート。お相手は西武を使う新潟の方。なんと勇将7段の人だった。ペナントレースに参加して最初の対人戦が勇将7段・・・。ちょっと引いてしまったが、そこはやる気でカバー。なんとか互角以上の闘いを演じる。こちらの先発黒木知宏は4回に小久保からソロホームランを浴びるも、最小失点でゲームを作る。こちらの打線は相手先発・杉内の前に手も足も出なかったが、土壇場9回の表に4番・福留が起死回生の同点ソロ本塁打! 結局1-1の引き分けドローゲームに終わる。【排出カード;星野、藤井(E)】

勇将7段に引き分けたことでちょい調子に乗ってきた自分。次の相手は福岡の初段の方。チームはもちろんソフトバンクだ。こちらのスタメンは1試合目とちょいといじって8赤星、4荒木、5小笠原、7福留、9新庄、Dズレータ、2北川、3小田、6奈良原 で。相手先発は杉内だったが、この試合はSHINJO、ズレータの二人にホームランが飛び出る。先発・上原が安定した投球を見せると五十嵐-福盛の継投も決まって5-1で快勝した。【排出カード;永川(C)、小谷野(F)】

ここまでペナントに参加して、先日のCOM戦もあわせて3戦して2勝1分け。これはいい感じ!と調子に乗り出すと落とし穴にはまる。

次の相手はソフトバンクを使う岡山の9段の方。こちらのスタメンは8赤星、4荒木、3小笠原、7福留、9新庄、5岩村、D北川、2野口、6奈良原で組んだが、相手の川上-佐々木の投手リレーに完封を喫してしまう。投げる方では先発三浦大輔がある程度頑張ったのだが、4回に伏兵的存在の9番・井出竜也に痛恨の3ランを浴びてしまう。結局これが決勝点となり0-3で敗戦。【排出カード:金本(T)、河野(YB)】

小関に代えて金本を選手登録したこの日の4試合目、早速アニキをスタメンで起用。8赤星、4荒木、5小笠原、7福留、9新庄、3小田、D金本、2野口、6川崎とする。しかし、対戦相手の楽天を使う三重県の二段の方にこれまた完敗。相手の新垣-岩瀬の継投に手も足も出ず、こちらの先発上原も、もはや楽天の原型を留めていない楽天打線に捕まってしまう。結局0-3で完封負け。【排出カード:的場(T)、黒木(M)】

で、2連敗した時点でなにやら頭に血が上り、これから先の試合結果がほとんどうろ覚えになっております。かろうじて携帯に残っていたデータを下に導き出すと・・・。

福岡7段 負け 【福井(C)、セギノール(F)】

店舗内対戦(雨の夜) 引き分け 【ベイル(C)、酒井(E) 】

店舗内対戦(雨の夜) 負け【豊田(L)、畠山(S)】

佐賀闘将3段(SB) 負け こちら三浦、あちら井川。1-2。【相木(B)、宮地(H)】

負 【大西(D)、ロペス(E)】

二段に昇段。

勝 10-0 ロッテに 先発石川勝利 【川相(D)、村田(G)】

初段の方 勝 西武6-3 【谷 川口】

勝 1-0 【星野、森笠】

勝 5-1 【大友(D)、阿部(B)】

店舗内対戦(雨の夜) 負け 【大友(D)、上坂(T)】

通算6勝5敗1分け(らしい)。